Twitter
ブクログ(というよりほぼCD棚)

ブログリスト
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Sad And Beautiful Mind

気ままな管理人SEIYAが悲喜こもごもを語る、自己満足な「ごった煮blog」。
といいつつ、ももクロちゃん関連のネタが最近多め。
twitter・facebookとの使い分けに悩みつつ迷走気味に運営中。
「人生も迷走中だろ」ってか。やかましいわ。
<< 方針変更 | main | 首都圏の旅・その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
首都圏の旅・その1

7月14日深夜〜17日にかけて、東京・横浜のほうまでお出かけしてきました。
その時の記録を残していきたいと思います。

*****

7月14日。
その日は夜勤明けで帰宅し、夜の10時くらいに岐阜駅を出発する深夜高速バスに乗って、東京へ向かうことにしました。



初めて乗る深夜高速バスは「ドリームなごや6号」。
ネットの早期予約の割引で、5,000円弱で東京まで行けます。ありがたいね。

一宮、名古屋を経由して、高速にのり東へ。
夜勤明けだったので、「ほっといても寝れるだろ」と思っていたのですが、揺れと振動と他の乗客のいびき(笑)が意外に気になって、あまり寝れません。
いちおい耳栓はしてたんですけどね。
途中、記憶がない時間帯もまばらにあるので、おそらく眠って目覚めての繰り返しだったと思われます。

途中、三ケ日・足柄で休憩をはさみつつ、東京駅八重洲口に降り立ったのは午前6時前。

東京駅付近のサウナで、早朝割引の風呂に入ってサッパリしたあと、この日泊まる予定のホテルへ大荷物だけ預かってもらい、朝ごはんを食べて。

東京駅構内のお店でサンドイッチを食べたのですが、この時はまだ朝の出勤ラッシュの時間帯で。
人混みがおさまるまでまったり過ごしてました。

この日は、午後から知人と約束があったのですが、午前中はまったくのノープラン。
知人と待ち合わせの時間までどうしようか迷った挙句、とりあえず渋谷へ。

この時、渋谷のgalaxxxy in Hi-Fi Boxxxというところで「天元突破グレンラガン展」が開催されており、ちょっと覗いてみたかったのです。

ところが、会場を見つけて行ってみたけれど、閉まってて。
「あれ?おかしいな…。」と思って、検索してみたら、


12時オープンだった。orz

知人との待ち合わせは、11時45分に池袋。
グレンラガン展は、泣く泣くあきらめました…。

さらに、時間つぶしにスタバでお茶を飲んでたところに、

職場から電話が。orzorz

やらかしてしまったことが発覚して、始末書を提出することに。orzorz


…はい。この時点で、テンションはダダ下がりです。

このあと、某女史と待ち合わせたんですけど、きっとすんげー暗い顔してたと思われます。

*****

なんとかテンションを上げようと、まずは2人でカラオケ2時間。
お互いの趣味・趣向を知っている仲なので、遠慮なく歌いたい曲を歌いまくりましたわ。
アジカンテナーエルレラッドテンフィアナログ9mmなどなど。

今思えば、グレンラガン展に行けなかった腹いせに、しょこたんの「空色デイズ」も歌ってやりゃ良かったな(笑)。

なんとかテンションを平常まで押し上げて、もう1人の女史と合流して、3人でとある場所へ。

私、ここへ到着する前から、ひそかに緊張してました。
だって、着いたところは…。

「執事喫茶 スワロウテイル」

以前から存在は知ってましたけど、まさか自分が行くことになろうとはね。

お連れの2人は慣れたもの。対して私は初めて。
緊張して待っていると、「おかえりなさいませ。」とお出迎え。

ここでは、女性の客は「お嬢様」、男性の客は「旦那様」か「お坊っちゃま」と呼ばれるようで。
入店(ここでは「帰宅」と書くべきか)前にどちらの呼び方が良いか尋ねられるのですが、

「『旦那様』と『お坊っちゃま』、どちらがご希望でs」

「『旦那様』で。」

と食い気味に返答(笑)。
「お坊っちゃま」なんて呼ばれたら、こっ恥ずかしくて顔から火が出るわ。

中へ入り、席まで誘導されるときに見渡すと、やっぱり客は女性ばっかり。
男1人って、なんか俺、浮いてるよ…。

着席後、私が初めてだと言うことで、執事の方からシステムやメニューについて説明を受けるものの、緊張と居心地の悪さであんまり頭に入らず。

「自分のお屋敷に帰ってきた」というコンセプトなのに、緊張と居心地の悪さを感じるこの矛盾。

メニューは、いたって普通の喫茶。というかカフェ?
いろいろなセットがあって、私はパスタ・サラダ・デザートのセットをチョイス。
紅茶も銘柄を選べるけれど、全然詳しくないので、執事におまかせ(笑)。

とにかく店内…もとい屋敷内の雰囲気に慣れるのに時間がかかってしまった。
途中、男性の客が何人か入ってきたところで、少し落ち着いてきたかな。

男2人で来ていた客に至っては、誕生祝いをしてもらってた。
しかも、Tシャツ短パン草履ばき。
すんげー違和感。

予想外だったのは、年齢の若い、いわゆるイケメン執事ばかりかと思ってたら、40代・50代と思しきベテラン執事もいたこと。
しかも、しっかり「執事」になりきってるのがスゴイ。
お連れの女史にお聞きしたところ、ホテルなどの接客業に長年従事していた、ホントに接客のプロなんだとか。
すげぇ。スワロウテイル、侮るべからず。

規定の時間が来て、執事の方がテーブルまで挨拶に来てくれて、



次回帰宅時にメンバーズカードを作成できるよう、カードをいただきました。


…が、来ることはあるのだろうか…。

*****

その後、地下鉄で移動し、明治神宮を参拝。
街中にあるはずなのに、奥まで入るとホント静か。
落ち着いた雰囲気に癒されました。

そこから渋谷までテクテク歩いて。
途中で通ったSHIBUYA-AXやEGGMANなどのライブハウスを見て「おお!」と思ったりしながら。

その後、その日仕事だった面々と合流して、合計6人で「兄さんを囲む会」。
たまに上京したときに、こうして集まってくれる仲間がいて、兄さんはホント嬉しい。
7年前、たまたま訪問したブログにコメント残したのが始まりとなり、いろんな繋がりを経て知り合った面々。
不思議な縁だとは思うけど、いまではホントかけがえのないものです。
こんな私と繋がっていてくれて、ホントにありがとう。>私信

で、「囲む会」の内容は、飲み会かと思いきや「4時間カラオケ」だったりして(笑)。
アルコールなしで盛り上がれるのが、さすがですな。
ここでも、趣味趣向を知り尽くした面々だったので、好き勝手に歌わせていただきましたとも。

お開きとなって、店の前で記念撮影などをしつつ、お別れ。
中には翌日からの横浜アリーナで顔を合わせる面々もいたけれど、別れ際はなんだか寂しい気持ちになりました。


(首都圏の旅・その2へ続く(予定)。)

| 雑記 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:20 | - | - | pookmark |









http://nameless-star.jugem.jp/trackback/1250
もう、「いびき」で悩む必要はありません!
わずか1週間で更年期特有の体のだるさとほてりを改善させ、さらにはめまいや頭痛までも改善できる方法を知りたくありませんか?
| いびき解消法 | 2011/08/23 8:29 AM |